ネットで賃貸部屋探し☆注意するのはこんなポイント

  • HOME
  • >>
  • お互いに安心して暮らすため防音対策しよう

お互いに安心して暮らすため防音対策しよう

一軒家に暮らしていればほとんど気にしなくても良いのだが、集合住宅の場合トラブルに発展しやすい問題は音である。
実際に隣家や上階の音が気になったことがある人は多いのではないだろうか。
特に上階の音はよく問題が起きている。
自分所有のマンションであればリフォームで床材を変えるなど対策も出来るだろうが、賃貸の場合、上階の音を軽減するのはかなり難しい。
ただ階下の住人への対策ならば絨毯を置いたり、吸音性のある敷物を敷いたりすれば、ある程度軽減が可能だ。
他には窓からの音の侵入も大きい問題だ。
こちらも窓のリフォームが出来ればよいのだが、賃貸だとこれも難しい。
最も簡単な方法としてはカーテンを吸音性のあるものに変えれば、多少の防音はできる。
これは賃貸の場合でも当然可能だが、窓の場合、2重サッシにする工事は案外簡単に行うことが出来るので、あまりうるさいようならば大家さんと相談してみてもよいと思う。
足音、話声、ペットや子供の泣き声、ピアノなど楽器や音楽の音、気になりだすとすべてが騒音になってしまう。
音とは本当に厄介なものだが、実はそんな音が騒音ではなくなる方法もあるらしい。
自分の上階に子供のいる世帯が暮らしており、子供の遊ぶ音や泣き声に不満を持っていた世帯が、その上階の世帯と家族ぐるみでつきあい始めて親しくなるにつれて、それまで騒音だと思っていた音が気にならなくなったという話がある。
これは特別ではなく人間の心理として当然のことだそうだ。
つまりある意味騒音問題も隣近所との付き合いが疎遠になってしまった弊害ともいえるかもしれない。
とはいえ親しき仲にも礼儀ありである。
自分が気になっている事は他人も同じように思っている事が多いので、自分自身十分注意したいものである。

Copyright (C)2017 ネットで賃貸部屋探し☆注意するのはこんなポイント All Rights Reserved.